「マンション」は何語ですか

マンション(mansion)という言葉は、中世ヨーロッパの荘園領主が住んだ豪壮な大邸宅を意味する言葉(manorhouse)です。日本では、同じ言葉がアパート(apartmenthouse)や中高層の集合住宅の名称として用いられています。中層の集合住宅は、大正時代および昭和の初期には同潤会アパート、高輪アパートのように「アパート」と呼ばれるのが一般的でした。

昭和三十年代後半の第一次マンションブームの頃から、欧米の文化に憧れる人々に、商級住宅感を売り込むため、集合住宅に洒落たカタカナ(英語・仏語など)の命名がなされるようになりました。アビタシオン、コーポラス、コーポランド、タウンハウス、ドエル、シャンポール、シャトー、ハイツ、ハイム、ビラ、ビレッジ、レジデンス、メソンなどと苦心して命名しています。近ごろでも、ポートバーレーヌ(ポート=港、バーレーヌ=鯨)などと、建物が存在する地域の特色をカタカナで表現したりしています。やがて「マンション」の呼称が、集合住宅の一般名詞として定着します。なぜか「高輪御殿」とか「麻布屋敷」という命名は敬遠されました。

某新聞によると、台北(台湾)では、「軽井沢」、「夏木漱石」(夏目漱石を借用)、(某有名歌手を借用)などの名称が、日本好きの人々に人気があるといいます。「幕府十六」という十六階建てのマンションも実在するといいます。マンションという言葉は、夢のような豪壮な大邸宅という意味の英語を、換骨奪胎した日本語なの有名な商事会社のヨーロッパ駐在員であった偉い人が、駐在先の友人の協力を得て、りっぱな業績を挙げ東京の本社に帰任しました。その人が、都心の一等地に高価なマンションを購入し、得意の絶頂にあったときの出来事として語り継がれている話です。フランス人とも、イギリス人とも伝えられていますが、ヨーロッパ駐在時代に世話になった取引先の方が、仕事で日本にやって来ました。仕事も順調に済み、日光・鎌倉など観光名所を案内して日本の文化を堪能してもらいました。そして帰国前に西欧風に友人ご夫妻を、自慢の自宅マンションに招待して食事をすることになりました。ご夫妻を案内してマンションの見えるところまで来たとき、自宅マンションを指さして、彼は自慢げにいいました。「Trhatismymansion!」友人ご夫妻が仰天して、感嘆の声を発しました。ヨーロッパから来たご夫妻は、聳え立つマンションの建物を、彼の大邸宅(=マンション)だと思ったのです。その後、ご夫妻は3LDKの彼の窮屈なマンションに案内されたのでした。この笑い話は、実話なのか、作り話なのかはわかりませんが、「マンション」という、言葉の意味の取り違えによるものです。同様に、マンションという言葉は、私たちにもっと怖い、悲しい勘違いをさせているのです。

あなたの住んでいるお家は,あなたを常に自然災害や日々の雨風から守ってくれておりボロボロになっていませんか?住まいは一生の財産であり,形あるものいずれ壊れます。いずれ壊れるにしても,購入時には一生で1度の大きいお買い物だったはず、そんなにすぐ手放せませんよね?当店では神奈川県で防水工事を行っており,この防水工事をするだけで建物の老朽化を遅らす事ができて住宅の寿命を延ばすことが可能です。防水塗装をしないと雨や風で受けたダメージを住宅は蓄積していき,雨漏りやひび割れなどを起こします。ひび割れをそのままにしておくと,そのひびに水やゴミなどが詰まりひび割れが拡張してさらに老朽化に拍車がかかります。防水工事をすれば新築の輝きを取り戻せ,家が長持ちする為次世代に渡りその家を繋ぐことができます。神奈川に住んでいらっしゃる方はこの機会に家を長持ちさせるためにも防水工事やってみませんか?

東京都内にお引越しをお考えならぜひ立川市をご検討下さい!多摩地区最大のターミナル駅になっている立川駅周辺は、都心と変わらない利便性を誇り連日多くの人で賑わいます。立川市の不動産を探しているならこちらがオススメですよ!一戸建てといえばお金がかかるから難しい、と諦めている方もいるのではないでしょうか?ですが、当サイトでは新築・中古一戸建てからシングルでも快適に暮せるマンション情報を取り扱っており、その中でもプライスダウン特集を行っております。お得な不動産情報をチェックするならココから始めて下さい!